ソフトバンク初のモトローラ端末「RAZR M 201M」を発売

ソフトバンクモバイルは9日、ソフトバンクモバイルでは初となるモトローラ製Android搭載スマートフォン「RAZR M 201M」を発表した。Android 4.0系を標準搭載するが、Android 4.1(Jelly Bean)へアップデート予定とのこと。発売は2012年10月下旬。


画面には4.3インチの有機ELパネル(960×540)、CPUに1.5GHzデュアルコア、800万画素カメラを搭載している。背面には防弾チョッキやF1の燃料タンクにも使用されるケブラー繊維を採用。AXGP、3G、900MHz帯プラチナバンドの通信にも対応。日本固有の「おサイフケータイ」機能を備える。

サイズは123(H)×61(W)×8.4(T)mm、重さは約128g。カラーは2色展開。

[impress]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます