13インチ版Retina搭載MacBook Proの液晶画面が流出 23日発表の見込み

MacRumorsは15日(現地時間)、中国のWeiPhone.comに投稿された「13インチ版 MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の液晶パネルパーツの写真を公開しました。


2枚重ねる形で置かれていますが、上が13インチ、下が15インチの液晶パネル部品になります。蝶番などの作りが15インチモデルと同一で、このパーツは本物であるとみられています。

同時に投稿されているリーク情報によると、13インチ版はNVIDIAやAMDなどのGPUを搭載していないとのことです。恐らくIvy Bridgeに内蔵された「Intel HD Graphics 4000」がグラフィック機能として提供されるものとみられます。

また、バッテリーは「前例がない」設計になっているとのこと。これがどのような意味なのか現時点では判断に困りますが、小さな筐体に様々なパーツを収めるのに苦心した可能性があります。

外部端子については、MagSafe 2、Thunderbolt×2、USB 3.0×2、ヘッドフォン端子、HDMI出力、SDXCカードリーダーが搭載されているとしています。

別の情報として、米ウォール・ストリート・ジャーナルのハイテクメディア「AllThings D」は、iPad miniと同時に13インチ版MacBook Pro Retinaディスプレイモデルが発表されるという独自の情報を伝えており、23日に発表されることが確実視されています。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます