ソフトバンク株式会社、米スプリント買収を正式発表

ソフトバンク株式会社は15日、都内で緊急の記者会見を開き、米スプリント・ネクステルの株式の70%を約201億ドル(約1兆5709億円)で買い取ると発表した。約121億ドルがスプリントの株主、約80億ドルがスプリントに支払われるとしている。

この取引に際して、スプリントの株主総会による承認、競争法上の承認、連邦通信委員会(FCC)、その他監督庁の承認が必要になるとしている。




この買収が正式に認めれば、移動体における売上高で2.5兆円となり、世界3位の携帯通信会社となる。

ソフトバンクは70%、一般株主が30%を持つことになり連結子会社となる。また株式9469億円で既存の発行済み株式を買い取った後に、スプリント社が新たに発行する新株を6,240億円(1株5.25ドル)を買い取る。既存株主にはプレミアムな価格で株式を買い取り、新株は発表前の価格5.25ドルの価格とする。

ソフトバンク株主に対して3点の案内を発表。1点目、今回の買収における資金は「手元資金」と「借入」で全額で行うと改めて強調。買収資金調達のために新株発行、転換社債などの発行を含めて『一切行わない』と強く強調した。2点目、配当の方針に変更なし。3点目は純有利子負債をできるだけ迅速に返済するとしている。



次に米国市場の利点を説明。米国携帯電話市場は日本の3倍を超え、スマートフォン先進国という魅力的な市場であると説明。1ユーザーあたりの平均収入(ARPU)は4454円となり、他の国々と比較して際立って収益が高いとしている。


しかし米国のモバイル通信には問題があるとしており、通信速度が遅い点。さらに上位2社が寡占状態である点を挙げた。

その一方で信用支払による携帯料金の支払い(ポストペイド)が多い点も強調。この点はプリペイド式が大半を占める他の国とは大きくことなり、日本と似たような環境であるとした。

この点はチャンスであり成長に大きなポテンシャルがあると述べ、日本国内でドコモとKDDIを追いかけたような構図を米国で再現できる可能性があると自信を見せた。

記者会見の席上には孫正義代表取締役社長に加え、スプリントCEOダン・ヘッセ氏も同席。会見の中では「日本で3位のソフトバンクがV字回復した成功体験を、米国でも活かしたい」と述べた。基本的にはLTEの設備投資がかさむ時期にソフトバンクの資金が流入することで、安定したLTEネットワークを築くことができることが大きなメリットであるとしている。

孫社長は「スプリントが自力で成長している」ことを説明。加入者数や収益性が改善していることに加え、株価が上昇していることを強調。伸びる時期に資金を投じることで更なる飛躍を遂げる可能性を指摘した。






会見の中では今回の買収にあたり、寄せられると思われる2つの質問に回答。1つ目は買収成功の可否。孫社長はスプリント社が「既に業績回復中」であることを強調し、そのタイミングでソフトバンクの『現金』がそのまま注入されることでより大きく飛躍できる可能性を示した。これがLTE網の強固な整備に繋がり、加入数の増加を呼ぶと見込んでいる。


孫社長はソフトバンクが過去に3回のV字回復を実現したことを強調。「赤字三兄弟」とも言われる3社を立て直した力を改めて振り返った(赤字3兄弟のコメントに会場が沸き立つ)。「3回あるとまぐれではなく、ノウハウ・ソフトバンクの企業カルチャーであると言っても過言ではない」と強く自信を示した。


2つ目の疑問は「借入金の返済」について。「自信があります」とコメント。孫社長は、ソフトバンクは過去に大規模な借金をし博打を行ってきたと過去を振り返った。「株主にいい加減にせい!と言われると思うが、ちょっと御付き合いをして頂きたい」と新たなチャレンジを踏み出すことに理解を求めた。

過去にボーダフォン買収の際に12年間の計画を前倒して完済したと成果を振り返った。孫社長は今回の買収に際して格付け会社の格付けが下がると予想したが、ボーダフォンの時よりも小さく収まるのではないかとの見解を示した。



その理由として、EBITDAに対する純有利子負債の割合が2.7倍という健全な水準であることを強調。日本の有名企業他社よりも健全であり、今回の借り入れてソフトバンクが倒れるのではないかという懸念に対して「ソフトバンクのが倒れるというロジックならば、ソフトバンクより倍率が大きい企業は倒れてしまう」とコメント。ソフトバンクが利益を出している企業であると強調。

Yahoo!BB時代の赤字イメージ、倒産するのではないかという「イメージ」は過去のものであり「残存イメージ」であるとした。

国内2社との契約数対決について、ソフトバンクが2位になったという主張に対して「イーモバイルを抜いたら3位ではないか、ウィルコムを抜いたら3位ではないか、というお話もありますが全部誤差だった!」とコメント。会場からは大きな笑いが生まれた。

銀行からの借り入れに関して、ボーダフォン時代の金利4%に対して、今回は「1パーセントちょっと」であり、わずか10日間で融資を取り付けたことを説明。「銀行からはもっとつかってくれ。それ位で良いんですか?」と言われ、リスクを嫌う銀行が株式(会社)を信頼したと説明。「株式はいまこそが買だ!今買わずにいつ買うの!」と市場に対して強い自信を露わにした。

[ソフトバンク]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます