ソフトバンクの孫正義社長は15日、米スプリント社の買収記者会見に設けられた質問セッションで「ソフトバンクは何を目指すのか」という質問に対して将来の展望を述べた。

「今回のことでソフトバンクは世界で3位の売上規模になりました。やっぱり男子として生まれたからにはいずれは世界1位になるぞという高い志があります。ただし物事には順番というものがありまして、今回は我々とスプリントが経営統合することになり、まずはしっかり経営統合をやり遂げます」と述べた。