ソニーは5日、同社が販売したAndroid搭載タブレット「Xperia Tablet S」の一部に隙間がある問題がるとして、販売済みの端末を無料で修理・点検すると発表した。すでに販売を一時停止している。9月下旬にユーザーから問い合わせがあり判明した。

世界で約10万台を出荷しており、そのうち日本国内では約2万7000台。発火・感電の恐れはないとしながらも、防滴仕様であるにも関わらず隙間から水が入った場合電源が入らなくなるなどのトラブルが起きる恐れがあるという。

問い合わせ先はフリーダイヤル0120-550-058。受付時間は平日午前9時~午後6時。土日祝は午前9時~午後5時となる。

[NHK]