全日空、システムミスで2月分の国内線座席予約データを消去 ―予約者に再登録よびかけ

ANA(全日空)は28日、システムを誤って設定したことにより、2013年2月分の国内線における座席指定データが全て取り消しされたと発表した。

予約データ自体は残っているものの、その先の座席指定データが消去されているため、該当する予約者は再度座席指定を行う必要がある。

対象となる予約者は2012年11月26日18時00分までに、2013年2月搭乗分のANA国内線航空券を予約した人。ANAのウェブシステム「ANA SKY WEB」または電話窓口などの「ANA国内線予約・案内センサー」にて再度座席を指定する必要がある。なお、旅行会社を通じて予約した人は、旅行会社経由で座席番号を指定する必要があるとのこと。

つい2日前までの全予約が対象となっており、対象者は広範に及ぶものと推測される。家族で乳幼児を連れている場合などは早めの再指定を推奨する。

[ANA]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます