米アップル、サムスンへの不適切な謝罪を掲載した件で、再び謝罪

アップルは3日(現地時間)、英国裁判所の命令に従い掲載した「サムスンによる模倣否定声明」が不適切な内容であったことを認め謝罪をしました。

この件は、英国内におけるデザイン訴訟でサムスン電子に敗訴した件に絡み、同国裁判所から「サムスンによる模倣はなかった」とする文章をウェブサイトに掲載するよう命じられていたものです。

ところがアップルが掲載した内容は「Galaxyはクールじゃない」という裁判官のコメントをあえて引用したり、最終的な文章の締めは「他国ではサムスンによる模倣が認められている」というものになっていたりと、逆撫でするような “アップルらしい” 文章でした。

当然この件に関して英国の裁判官は怒り心頭で「呆れた」というコメントを述べています。

これを受けて、アップルは英国公式サイトのトップページで謝罪を掲載。「控訴裁判所の命令に従わなかった不正確な声明であった」としています。

ただでは起きないものと思われていたアップルですが、どうやら今回は素直に従ったようです。

[CNET]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます