アップル、サムスンへの謝罪文隠しトリックをこっそり終了

CNET英語版は8日(現地時間)、アップルが英国公式サイトで行っていた「謝罪文を画面(ファーストビュー)からはじき出すためのJavaScriptコード」をこっそり削除していると報じています。

これは、閲覧者の画面サイズに合わせて中央にあるiPad miniの画像が伸長されるというものでした。画面が大きければiPad miniの画像も大きくなるので、ページ下部にあるサムスンへの謝罪文が見えにくくなるという仕組みです。実際は、米国以外のサイトには一律適用になっていた同仕組みですが、RedditやHackerNewsのユーザーからは、英国での “悪行” を隠すためのカモフラージュだ、とする指摘がなされていました。

その時の比較画像が下のものになります。

米国公式サイトが上画像の右、英国とその他地域のサイトが左です。周囲を囲う黒い線が画面(ファーストビュー)のサイズを表しています。黄色枠が謝罪文とそのリンク。iPad miniの画像が拡大されて、見事に画面外に弾き出されていることが分かります。

この一件に対しては批判的な声も多く、「悪ふざけがすぎている / 幼稚だ」とする声がCNETのコメント欄でも大半を占めています。

[CNET]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます