NTTドコモは27日、同社が販売するAndroidスマートフォン「Xperia NX SO-02D」と「Xperia acro HD SO-03D」にAndroid 4.0アップデートを実施した。同アップデートには機能追加の他にも品質改善を含む内容があるため、必ず適用するように呼びかけている。

両端末ともに端末単体でのアップデートを行った場合、所要時間は約50分としている。この間、緊急通報を含むすべての発着信ができなくなるため注意が必要。

更新内容はAndroid OSが「Android 4.0」にアップデートされることに加え、通話着信時に応答が出来ない場合に定型メッセージをSMSで送信する機能、ソニー独自の「アルバム」「ムービー」「Walkman」機能や「Video Unlimited」などのアプリが追加されるとしている。

両端末へのアップデートを巡っては、今年3月販の段階でアップデートの予告が行われていたが、12月があと数日と迫るタイミングでアップデートが実施されることとなった。販売元のNTTドコモと製造元のソニーに対しては、遅延に対する批判的な声も多かった。

[NTTドコモ Xperia NX]
[NTTドコモ Xperia acro HD]