グーグル、iOS版Googleマップのテスト版配布を開始 ―米WSJ

米ウォールストリートジャーナルは15日(現地時間)、詳しい人物の話として、米グーグルがiOS向けに開発中のオンライン地図アプリ「Google maps」のテスト版を一部ユーザーに対して配布し始めたと伝えています。

このアプリは、米アップルが「iOS 6」から独自の地図を採用したことに伴い、Google mapsがiOS端末からアプリを通じて公式に利用できなくなったことを発端に開発が始まったものです。

10月にリークされた開発中の画面
Credit:Google / Ben Guild

早ければ年内にも一般配布が始まるとみられるこのアプリですが、テストが順調に進めば事前に報じられているように12月頃には配布されるかもしれません。アプリさえ完成すればあとはアップルの審査を待つばかり。

世界中を騒がせて、ソフトウェアの責任者が退任するまでに至った今回の「アップル地図騒動」ですが、iOSにGoogle mapsが戻ってくるまであと少しとなりそうです。

[WSJ via Apple Insider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます