ついにきた!日本通信がiPhone5向けnanoSIMをリリース ―音声プラン有

日本通信は19日、主に「SIMフリーのiPhone 5」で利用することを想定したnanoSIMカードを、同日15時より自社のウェブサイト上で販売開始しました。今回のプランは音声+3G データ通信がセットになったもので、SIMフリーのiPhone 5で音声通話もデータ通信も利用することが可能になります。

もちろん、nanoSIMを採用する新たなスマートフォンが今後登場し、さらに動作確認がされればそれらの機種でも利用可能となります(左記は予想に基づくもの)。

まず、音声プランは「S/M/L」の3つを用意。一番安い「プランS」は月額基本料1290円で、通話料は21円/30秒、1365円の無料通話が付いてきます。「プランM」は月額基本料2290円で、通話料は18.9円/30秒、2835円の無料通話が付いてきます。「プランL」は月額基本料3710円で、通話料は14.7円/30秒、5250円の無料通話が付いてきます。

次にセットとなる「3Gデータ通信オプション」ですが、2つのプランが用意されます。月額基本料1690円の「U200」は通信速度が200kbpsでターボチャージ付き。月額基本料2990円の「2GB定額」は毎月2GBまでは下り最大14Mbpsで利用できるというもの。上限を超えた場合は100kbpsになりますが、ターボチャージ機能が付きます。

Credit:日本通信

iPhone 5をやっぱりドコモ回線で使いたい!という方に新たな選択肢が登場しました。「営業職の都合上、ドコモ回線以外に選択肢はないけどiPhoneを使いたい…」という声も少なくありません。何かと批判続きの日本通信でしたが、MVNO業者として今後も頑張っていただきたいものです。

[日本通信]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます