KDDIとソフトバンク、iPad miniの販売を30日から開始

KDDIとソフトバンクモバイルは22日、米アップルのタブレット端末「iPad mini」と「iPad(第4世代)」の2機種を、今月30日から販売すると発表しました。

2社の大きな違いは、KDDIが「Wi-Fi+Cellular」モデルのみの販売であるのに対し、ソフトバンクモバイルは「Wi-Fi+Cellular」に加えて「Wi-Fi」モデルの販売も行われます。

今のところ料金プランなどについては明らかにされていませんが、ソフトバンクモバイルは30日午前8時から販売を行うとのことです。

一時は12月にずれ込むのではないかと言われていましたが、ギリギリ11月中に発売を迎えることとなりました。iPad miniは持ち運びに便利なサイズだけにLTE(3G)回線対応への需要も一定数あるとみられていますが、両社の販売数を巡る戦いが新たに始まることとなりました。

[ソフトバンクモバイル]
[KDDI au]

この記事は 匿名様よりネタ投稿をいただきました!
ありがとうございます。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます