新型iPad&iPad mini、わずか3日間で300万台販売 ―内訳は明らかにせず

米アップルは5日(現地時間)、同社が今月2日に販売を開始した「iPad mini」と「iPad Retinaディスプレイモデル」が、わずか3日間で300万台も売り上げたと発表しています。

発表によると、今回はWi-Fiモデルのみで第3世代iPadが記録した150万台を2倍も超える台数を販売しており、iPadシリーズの人気の高さがうかがい知れます。なお、初回出荷分はすべて完売とのことです。

気になる台数の内訳ですが、残念ながら明らかにされていません。つまり両方合わせて300万台ということになります。なかなか歯切れの悪い発表ではありますが、相変わらず人気が高いということは間違いないようです。

[Apple公式 via MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます