NTTドコモ、各種手数料を大幅値上げ 手数料を新設

NTTドコモは8日、同社の機種変更や契約変更に伴う料金を改訂することを発表した。手数料が新設されるものもあり、実質的に値上げとなる。最近ではクレジットカードによる支払いを選択しているユーザーを限定に料金案内の郵送サービスを廃止すると発表したばかり。

今回新設される手数料は「Xi→Xi」「FOMA→FOMA」などの機種変更に伴う事務手数料。1回毎に2100円の手数料が発生する。なお、ドコモオンラインショップ経由の機種変更は対象外。

その他には「FOMA→Xi」「Xi→FOMA」などの契約変更に伴う手数料が従来の2100円から3150円に値上げされた。ドコモオンラインショップ経由の場合は価格は変わらない。

また「ドコモUIMカード」の形状変更を12か月に1回無料で行っていたサービスを廃止、代わりにUIMカード発行手数料が従来の3150円から2100円に値下げされた。

大部分の人に関係する「機種変更手数料」「契約変更手数料」が値上げされており、さらに無料サービスを廃止するなど、ユーザーにとってマイナスの変更となる。

[NTTドコモ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます