中国メーカー「OPPO」が開発する新型スマートフォン「OPPO Find 5」の発表会が、12月12日に北京で開催されることが明らかになりました。

中国メーカーのスマホとはいえ侮ることは全くできず、5インチの液晶ディスプレイで1920×1080ドット表示に対応しており、クアルコム製クアッドコアCPU「Snapdragon S4 Pro APQ8064」を搭載しています。

当初は6.9mmという極薄サイズが伝えられていましたが、最終的には8~9mm程度に収まるようです。噂されているスペックは以下の表通り。

搭載OS Android 4.1
CPU 1.5GHz クアッドコア
Snapdragon S4 Pro APQ8064
RAM 2GB
ディスプレイ 5インチ IPS液晶
解像度 1920×1080 (441ppi)
内蔵ストレージ 16GB / 32GB
背面カメラ 1200万画素 ソニー製センサ
NFC 対応
Qi 対応
バッテリー容量 2,500mAh

もはや留まるところを知らない中国メーカーの勢いですが、見た目もスペックも日本メーカーに負けず劣らずといったところ。OSもAndroid 4.1(Jelly Bean)を搭載しているとみられ、Android 4.0で足並みを揃える国産2012年冬モデルはカタログスペック上では見劣りしてしまいそうです。

[PhoneArena]