これは痛手!サムスン、Appleに対してチップ価格を20%値上げ ―依存があだに

朝鮮日報は12日、韓国サムスンと米アップルの取引に精通した関係者の話として、アップルがiPhone 5に搭載している「A6」プロセッサと、iPad(第4世代)に搭載している「A6X」プロセッサの価格を、サムスンが20%も値上げしたと報じています。

この条件提示に当初アップルは拒絶する構えを見せたとのことですが、代替製造企業が見つからなかったことから最終的には条件を受け入れたとのことです。

アップルは製品の中核を担うプロセッサの製造をサムスンに100%依存しており、A4~A5シリーズでは設計の一部までサムスンが担っていた側面があります。A6以降では2008年に買収したP.A.Semi社の開発成果をフルに発揮し、サムスンを設計フェーズから排除したと伝えられています。

サムスンも商売をしていますので強気に出るのは当然のことです。今後はアップルも台湾TSMCなどに製造を移行していくものとみられていますが、A6での移行は失敗したと言われるだけにA7の行方が気になるところです。

[朝鮮日報 via THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます