ロシアで発売されたシャープ製の5インチ液晶で1920×1080ドット表示に対応したスマートフォン「SH930W」と、「Galaxy S3」「HTC One X」のディスプレイ品質をMobile-Reviewが比較しています。

結果は一目瞭然で、SH930WはフルHD表示に対応しているだけあって高精細な表示を実現しています。特にアイコン回りの細かさは素晴らしいの一言。

上画像はInstagramのアイコンですがその素晴らしさは一目でわかると思います。Galaxy S3はペンタイル配列だけあってこの3つを並べてしまうと汚いと感じてしまう程。ちなみに比較対象の「HTC One X」の解像度(正:ピクセル数)は1280×720です。

こちらは文字の拡大比較。HTC One Xでは1ピクセルが大きいのに対してSH930Wはとても細かい事が分かります。Galaxy S3はここでもペンタイル配列のデメリットが全面に出てしまいました。


日本ではシャープ製のフルHD端末のリリース予定がありませんが、このクオリティを見るととても期待できます。

[Mobile-Review via PhoneArena]