過去に多くのコンセプトデザインを産み出してきたCiccareseDesignが、Siriを内蔵した腕時計型「スマートウォッチ」のコンセプト画像を公開しました。


「ちょっと直球すぎるだろう…」という声が聞こえて来そうですが、Siriのボタンを模したものがそのまま時計になっているようです。文字盤などはないので時間を調べるのも音声による応答なのでしょうか?

グーグルが開発中の拡張現実(AR)メガネ「Project Glass」など、実用可能であるウェアラブルなスマートデバイスが5年後までには登場するとみられていますが、アップルはどのような答えを出すつもりなのでしょうか。Siriを絡めてくることは間違いないと個人的には考えているのですが。

[9to5Mac]