ソフトバンク、Android向けMMSのWi-Fi送受信に対応

ソフトバンクモバイルは28日、同社が販売するAndroidスマートフォン向けに提供している「S!メール(MMS)」がWi-Fi環境下でも送受信できるようになったと発表した。

現時点での対応機種は以下の通り。

  • 201M
  • 201HW
  • 101F
  • 102P
  • 101DL
  • 101K
  • 101N
  • 101P
  • 009Z
  • 008Z
  • 007HW
  • 003P
  • 003Z
  • 001DL
  • 001HT
  • X06HT Ⅱ
  • X06HT

今後発売される新機種については200SHより順次対応していくとしている。

利用方法は、SoftBankメールアプリケーションをver3.3にアップデートした後に、Wi-Fi環境下においてポップアップ画面の内容を読んだ上でOKボタンを押下する。なお、アプリケーションのアップデートはGooglePlayストア上で行う事が可能。

注意点としては、「国際S!メール」送信の場合はWi-Fi環境下であっても料金がかかるため、公式サイトを参照のこと。

Wi-Fi環境下でのMMS対応は長らく待たれてきたものであったが、ようやく対応されることとなった。

[ソフトバンクモバイル公式]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます