ソニーがまさかの快挙!スマホ世界シェア第3位に浮上 ―2012Q3出荷台数で

ZDnetは9日(現地時間)、調査会社Canalysの報告書を基に、2012年第3四半期(7~9月)のスマートフォン出荷台数における世界シェアを掲載しています。それによると、ソニーが台湾HTCを抜いて世界第3位に浮上したようです。

情報によると、1位はサムスン電子の32.0%で出荷台数は5550万台。2位はアップルの15.5%で出荷台数は2690万台。そして3位はソニーの5.1%で880万台となっています。ギリギリの戦いをしていたHTCは4位の4.8%で840万台、5位はRIMの4.2%で730万台となります。

台湾HTCとは僅差ではありますが、3位というのはなかなかの快挙といえます。サムスンとアップルが圧倒的シェアは相変わらずといったところです。

[ZDnet via リンゲルブルーメン]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます