東武野田線が車内Wi-Fiに対応!新車両60000系導入で

東武鉄道は6日、野田線(大宮~船橋間)に2013年度から新車両「60000系」を導入することを発表しました。それに伴い、車内で公衆無線LANを利用できるサービスを提供するとのことです。

私鉄では同様の取り組みが「つくばエクスプレス」で5年以上前から行われており、新幹線ではN700系車両、在来線特急では「成田エクスプレス」「スーパーひたち」などで同様のサービスが行われています。

Credit:東武鉄道 / 60000系新車両

その他、車両自体の新要素としては、LED照明の採用、車体へのアルミ合金採用、VVVFインバータ制御装置などを採用したことによって電気使用量40%削減(8000系比)。車内案内用に液晶ディスプレイをドア上部に設置するとのことです。

一部時間帯では優雅に無線LANによるインターネットを楽しむ状況ではないかと思われますが、交通機関への無線LAN配備が徐々に広がりつつあるようです。

[東武鉄道公式プレスリリース]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます