WMPoweruserは25日(現地時間)、Windows Phone 8から採用された新しい地図では、日本・韓国・イスラエルの3カ国は地図の表示に対応していないと伝えています。左記3カ国は現時点で確認されている地域ですので、今後も増える可能性があります。

東京の状況

Windows Phone 8からはノキアが開発する「NAVTEQ」の地図データが統合され、従来のBing Mapsよりも詳細なデータを表示できるようになるという触れ込みでした。米国などではその成果が表れている一方で、日本などの一部国々では正反対の状況のようです。とはいえ、現時点で判明している未対応国は110ヶ国中のたった3カ国。

先日、iOS向けにノキアの地図アプリ「HERE」がリリースされましたが、どうやら状況は同じ様子です。データ自体は同じものとみられていますので、納得の結果といえます。

Windows RTやWeb版Bing Mapsでは正常に表示されるので、恐らくWindows Phone 8に限った話なのかもしれませんが、状況によってはWindows Phone 8の国内展開に影響が出るかもしれません。

[WMPoweruser]