ソニー製、1920×1080表示に対応した5インチ「Xperia Yuga」の本体画像リーク

ドイツのウェブサイトAndroid Schewizは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の未発表Android端末「Xperia Yuga(コードネーム)」の本体画像を掲載しました。ただし、プロトタイプとのこですので、製品版では大きく異なる場合もあります。

この端末の大きな特徴は、1920×1080ドット表示に対応した5インチ液晶を搭載している点。現時点ではAndroid 4.1.1(Jelly Bean)を搭載しています。

リークされた情報によると、1.5GHz駆動のクアッドコア、2GB RAM、1200万画素カメラを搭載。バッテリーは取り外しが不可能でmicroSDスロットとHDMIポートを備えているようです。

上画像右側の銀色ボタンが電源ボタンとのことです。


モデルナンバーは既に伝えられている通り「C6603」でYugaのものです。Android OSのバージョンは4.1.1。

写真からもディスプレイが高精細であることが伝わります。ソフトウェアキーを採用しているようです。

1月にラスベガスで開催されるコンシューマエレクトロニクスショー「CES 2013」で発表されるとみられる同端末ですが、期待の新機種となりそうです。

[Android Schweiz]

この記事は ムスカの色眼鏡 様よりネタ投稿を頂きました!
いつもありがとうございます!

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます