DigiTimesは28日、米アップルが、台湾の部品工場に対し、MacBook ProとMacBook Airのアップデートに関する見積依頼を出したと報じています。報道によると、MacBook Airは新しいCPUを搭載するもデザインは変わらないと報じています。

 

MacBook ProとMacBook Airの前回のアップデートは2012年6月だったので、来年6月のアップデートは自然なタイミングといえそうです。なお、MacRumorsは「全てのモデルがRetinaになるのでは?」と予想しています。ちなみに、17インチMacBook Proの復活についてはDigiTimesの報道では触れられていませんでした。

新CPUについては、インテルの「Haswell」世代が一部モデルに採用される可能性があります。Haswell世代のCPUは来年3月~6月頃の出荷が予定されており、時期的にみても妥当ではないでしょうか。Haswellは省電力技術に優れたCPUであり、グラフィック性能も大幅に向上します。

[DigiTimes]