DELL、スマホ事業から完全撤退

フォーブスは12日(現地時間)、米国テキサス州オースティンで開催されている「Dell World」において、デル副社長のジェフ・クラーク氏がスマートフォン事業からの撤退を正式に表明したと報じています。

同氏によると「(スマートフォン市場で)成功するには多額の投資が必要である」と、撤退の理由を述べたとのことです。また、「Androidでビジネスを構築する方法を見つけることが出来なかった」とも述べています。

日本ではソフトバンクモバイルとイーモバイルの両社から「DELL Streakシリーズ」のスマートフォンが発売されていますが、今後あらたな端末が開発されることは無いものとみられます。今後はWindowsタブレットを基軸としたモバイル戦略を進めていくとしていますが、それが功を奏すのかは今後の腕の見せ所といったところでしょうか。

[フォーブス via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます