キヤノン、EOS 5D MarkIIの販売を終了へ

CanonRumorsは23日(米国時間)、キヤノンが販売するデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D MarkII」の販売を終了したと伝えています。キヤノンの日本語公式サイトも更新されており、「旧製品」のページに移動されました。

EOS 5D MarkII(5D2)は、後続機「EOS 5D MarkIII(5D3)」が登場した後も併売されており、5D3までのスペックを必要としないユーザーにとってコストパフォーマンスに優れる製品として親しまれてきました。

5D2はデジタル一眼レフカメラにおける動画撮影ブームを引き起こした製品でもあり、ハリウッド映画やTVCF、キヤノンが提供する5分番組の撮影などにも利用されています。「CMOSで動画撮影はちょっと…」という既成概念を取り払った製品の一つと言ってよいかと思われます。

今後は店頭在庫のみの取扱いになるものとみられ、その数は決して多くないことから、5D2の購入を検討していたユーザーは急いで確保したほうが良いかもしれません。

[キヤノン公式 via CanonRumorsTHE VERGE]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます