「iPhoneを探す」アプリがバージョンアップ 端末までの経路案内に対応

紛失したiPhoneをネット経由で探すアップルの公式アプリ「iPhoneを探す」がバージョンアップされました。

新バージョン2.0.1では、紛失したデバイスまでの経路案内に対応しています。iOS 6以降でのみ利用できる機能で、アップルの独自地図「Apple Maps」を使った経路案内となります。

「iPhoneを探す」は数々の盗難騒動でも活躍している便利機能で、iPhone利用者ならば必ずオンにしておくことを推奨します。利用するにはiCloudの登録作業が必要で、iCloudにログインした状態で端末の「設定→iCloud→iPhoneを探す」をオン設定にします。

仮にiPhoneを紛失した場合は、PCなどからiCloudにアクセスすることで「iPhoneを探す」機能を利用できます。端末がどこに存在するのかといったことを知ることが出来る上に、端末のロック、端末データの消去、メッセージやアラートの送信、バッテリー残量のチェックを行う事が可能です。

なお、この機能はiPadシリーズや対応するMacBookシリーズでも利用可能です。

[iTunes Store – iPhoneを探す]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます