ガジェット速報で今年読まれた記事トップ10

今年もあと僅かとなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ガジェット速報は2012年、約6900万のページビューを頂戴し、その数は総ページビューの78%にあたります。これも、叱咤激励をお寄せ下さる方、そして普段からガジェット速報をご覧頂く方のお陰で御座います。また、2012年は多くの出会いがありました。様々なきっかけ、チャンスを下さった皆様に、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

来年はガジェット速報をより充実したサイトにするとともに、コメントシステムの新規開発(コメントブラウザ対応)、ガジェット偏報、ならびに準備しているもう1つの一大プロジェクトの始動を予定しております。

今後も「ガジェット」というキーワードを通じて、新商品のワクワク感や、新技術に触れた時の感動を素直に伝え、時に深く考え論じることができる記事を皆様にお伝えしていく所存で御座います。

どうか、来年もガジェット速報をご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

管理人

 

さて、突然ではありますが、ガジェット速報で2012年に多く読まれた記事トップ10を発表したいと思います。

1位 速報: iPhone5、9月12日発表、21日発売 ―iMore

iMoreさんによるiPhone 5の発売日を真っ先に伝えた記事の紹介が第1位となりました。iPhone 5は広く一般層にまで普及している印象があり、世間的にも注目されていたように思えます。発売日に関する情報は今後、iPhoneが「5S」「6」とリリースしていく中で、同様の評価を得られるのかが注目されることでしょう。まさにアップルにとっても2013年は1つの試金石になるのではないかと思われます。

http://ggsoku.com/2012/07/iphone5-release-date-sep/

2位 GALAXY S3徹底レビュー メモリ2GBのドコモ版がオススメ

Galaxy S3からはデザイナーによる本格的な筐体デザインに加え、「人間工学・人を感じる」をキーワードに使い心地にこだわった端末に仕上がりました。日本でもNTTドコモが全面的にプッシュしたこともあり、売れ行きは上々であったようです。まさに世界中で「iPhoneのライバルはGalaxy」といった状況ですが、それを象徴するかのようなワン・ツーフィニッシュでした。

http://ggsoku.com/2012/06/galaxy-s3-review/

3位 Google独自タブレットNexus7、日本地域でも10月に出荷

米英などと比較して発売が遅れたNexus 7ですが、やはり日本でも注目度は高く、大みそかの今日もCMが流れていました。日本では16GBモデルが1万9800円で販売されるなど、安さと性能のバランスは抜群で「中華タブレットキラー」とも称されました。グーグルも自社ブランドによる端末を今後強化していくとみられており、次のNexus端末に注目が集まります。

http://ggsoku.com/2012/09/google-nexus7-jp/

4位 iPad3改め『iPad HD』の新要素まとめ 脱GoogleMAPなど

もう昔のことのように感じてしまう「第3世代iPad」のまとめ記事が4位でした。まさか「iPad」という名称になるとは誰も思っていなかった時のことです。アップルはiPadをポストPC世代の新端末として位置づけており、Macなどと同様にナンバリングを廃止しました。これからは小粒なスペックアップなども含めて、旧Macのように突発的(とはいえ一定周期はある)にアップデートされていくものと思われます。

http://ggsoku.com/2012/03/ipad-hd-matome/

5位 これは圧倒的! ソニーのハンディカムが凄すぎると話題に

5位にソニーの空間手ぶれ補正を搭載したハンディカムの記事がランクインしました。まさに「動く目玉」と言った感じのインパクトは強く、圧倒的な手ぶれ補正で話題となった機種でもあります。2013年もソニーらしい製品をどんどんリリースして世界中を楽しませて欲しいと願っています。

http://ggsoku.com/2012/03/sony-handycam/

6位 これは大惨事…MSが提供したコマンドを実行→大学の全アカウント消失

正月休み中に自社のシステムがダウンしないかハラハラしてるエンジニアの方には大変申し訳ない話ですが、第6位は札幌学院大学の学内システムデータが、Microsoftの用意したコマンドで全て消去されてしまったニュースです。結果的には無事復旧したとのことですが、コマンド1発で全てを消し去ってしまう可能性があるということを実感させてくれる事故でした。

http://ggsoku.com/2012/04/ms-account-delete/

7位 iPhone5絶望的か 山田社長「ドコモからのiPhone発売は厳しい」

第7位はドコモの山田社長(当時)が、iPhone販売について「現状だと厳しい」と見解を示したという記事です。やはりドコモ版iPhoneを望む声は多いようですが、2013年に実現することはあるのでしょうか。最近ではTizenを搭載した機種もリリースするのではないかと伝えられていますが、Android・Tizen:BlackBerryに続いてWindows Phone・iPhoneと続いたならば「本当の選べる自由」はまさにドコモになります。iPhoneは諸刃の剣状態なので全くおススメできませんが、「変わるドコモ」を演出するにはピッタリの商品ではないかと思います。

http://ggsoku.com/2012/04/docomo-iphone-iranai/

8位 期待されていたTegra3の評判が悪い 何が起きてるのかまとめてみた

2012年になってすぐの記事が8位にランクイン。Tegra 3搭載端末が出始めの頃で、NVIDIAを巡るサポート体制の不備などを取り扱ったまとめ形式の記事です。ややなつかしさすら感じてしまいますが、そんなTegra 3も、Nexus 7では大活躍しています。Tegra 4の噂が聞こえてくる昨今ですが、次のTegraに期待が集まります。

http://ggsoku.com/2012/01/tegra3-douyo/

第9位 【動画】Amazonが650億円で導入する倉庫ロボットが凄すぎる

「もしかしたら人間の仕事がロボットに奪われるのでは…」そんな恐怖(!?)も感じさてくれるニュースが第9位です。アマゾンが買収した「Kiva」は、まさにアマゾン攻めの一手。2012年の利益激減の原因にもなっていますが、それは先行投資によるもので、まさにこのKivaの買収劇(約650億円)が絡んでいます。より効率化していくアマゾンの今後に期待です。

http://ggsoku.com/2012/03/amazon-robot/

10位 「Siri」まさかの敗北 ドコモの音声ガイド「しゃべってコンシェル」が勝利

「餅は餅屋」と言わしめた記事が第10位になりました。やはり日本語処理は “NTT” が相当に上手な印象です。今現在ではしゃべってコンシェルもさらに進化を続けており、アニメキャラクターや芸能人などのボイスでしゃべらせることが可能になりました。リアルタイム音声翻訳など、進化し続けるドコモの基礎研究に2013年も注目です。

http://ggsoku.com/2012/03/siri-vs-docomo/

まとめ

2012年も振り返ると本当にいろいろな話題がありました。色々な企業がそれぞれの思いを込めて、世に繰り出す商品は素晴らしい物ばかりです。それぞれの競争が新たなチャレンジや技術革新を生み、よりよい製品が生まれていく流れは2013年も変わらないことでしょう。2013年は一体どのようなガジェット・電化製品が出てくるのでしょうか。いまから楽しみでなりません。

それでは、みなさま 良いお年を!

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます