米グーグルは15日(米国時間)、同社が開設する公式ブログにおいて、Gmail・カレンダー・連絡先の3つのサービスでMicrosoft Exchange ActiveSyncプロトコルのサポートを終了すると発表しました。”冬の大掃除” と銘打った今回の発表ではこの他にもいくつかの機能廃止などが告知されています。

Exchangeのサポート終了日は2013年1月30日。すでに設定済みの端末は引き続き利用できますが、終了日以降は新たに端末を設定することができません。なお、公共向け・教育・ビジネスにおいてGoogle Appsを利用している場合は今回の終了措置の対象外です。

ちなみに、代替機能をすでにグーグルは提供しており、GmailではIMAP、カレンダーではCalDAV、連絡先ではCardDAVがあります。今回の終了措置はそれに伴うものとのことです。

[Google via BGR]