速報:米グーグル、iOS版Google mapsを公開

速報 ― 米グーグルは米国時間12日夜、iOS版の地図アプリ「Google maps」をリリースした。iTunes Storeから無料でダウンロードすることが可能。

iOS版Google mapsはiOS 6からアップルの独自地図「Apple Maps」が採用されたことに伴い開発がスタートした地図アプリ。Apple Mapsは地図の完成度の低さについてはリリース直後から世界的に批判されており、つい先日には、ナビを信じたドライバーがオーストラリアの砂漠で遭難する事故が起きたばかり。

今回のGoogle mapsアプリには新たにナビ機能が加わったほかに、従来通りの地図検索・ルート案内・ストリートビューといったiOS 5時代に使うことができた機能は一通り網羅されている。

対応機種はiOS 5.1以上をインストールしたiPhone 3GS以降のiPhone端末で、iPhone 5に最適化済。iPadやiPod touchにも対応する。

アップルが独自の地図開発を行うきっかけとなった理由として、グーグルがナビ機能の提供を拒んだからであるとされているが、皮肉なことにナビ機能はこのアプリを通じて提供されることとなった。

[iTunes]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます