iPhone5Sのものと主張するバックパネル(背面パーツ)が早速流出しました。このパーツは内部構造がiPhone 5のものとは異なっており、下記画像の紫枠・赤枠・青線・黄色丸の部分が明らかに異なることが分かります。

順当にいけばiPhone5SはiPhone 5と似た外観になるものと思われますが、すでにいくつかの試作品が作られたと言われるiPhone5Sのパーツが早速流出してしまったのでしょうか。

この情報を掲載したETradeSupplyよると、背面パーツには「xxxxxxx」という刻印がされており、試作品である可能性を示唆しています。

一部情報では発売時期が6月~7月に戻るとも言われていますが、一体どのような端末になるのか今から楽しみです。

[ETradeSupply via BGR]