経営不振のノキア、フィンランド本社建屋をついに売却へ

人気のWindows Phone端末「Lumia」の勢いとは裏腹に経営不振が伝えられるノキアですが、ついにフィンランドにある本社建屋を売却することが決定しました。

これはノキアが公式に発表したもので、フィンランド企業Exilionに1.7億ユーロ(約182億円)で売却されます。売却は2012年末までに行われるとのことで、噂されていた本社建屋の売却が現実のものとなりました。

ちなみに建屋は売却されるもののノキアが長期的にリースする形式となっており、今まで通りノキアはそこで事業を行います。

ノキアといえばフィンランドを代表する企業であり、10年以上前のビジネス書やら経済紙には「教科書的成功企業」として取り上げられていた程です。スマートフォン事業への乗り遅れとローエンド端末に対する戦略ミスから急激に業績を悪化させており、主力事業を喰う新規事業を創出できなかった失敗事例として挙げられる立場となってしまいました。なんとも皮肉な話ですが、ぜひとも日本再参入も含めて頑張って欲しいものです。

[WMPoweruser]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます