驚異的!中国スマホ「OPPO Find 5」公式発表 フルHD・金属筐体・ExmorRSセンサなど

中国メーカーOPPO社は12日、新型スマートフォン「OPPO Find 5」を正式に発表しました。発売時期は2013年初頭。価格と販売市場は不明です。

OPPO Find 5は、5インチで1920×1080ドット表示(441ppi)に対応した高解像度液晶ディスプレイを搭載し、タッチパネルにはガラスとセンサーを一体化させる「OGS」技術を採用しています。先日、iPhone5Sには製造難易度が高く、高コストである「OGS技術」を見送り、引き続きイン・セル型のセンサーが採用される見込みであるとお伝えしましたが、OPPO Find 5はOGS技術を採用してきました。ベゼルは3.25mmと極薄なのも特徴です。

プロセッサにはSnapdragon S4 Pro APQ8064を採用。背面カメラにはソニー製のExmor RSセンサを採用し、1300万画素の写真撮影が可能です。レンズにはf/2.2のレンズを採用し、4層コーティングとブルーガラスによるフィルターを施しています。

さらにHDRによる写真撮影に加えて動画HDRにも対応。120FPSもの高フレームレート動画も撮影可能であるとのことです。なお、カメラは「バーストモード」にすることで毎秒5枚で100枚まで連写可能としています。


筐体には12もの製造工程を経て作られるステンレス製の金属フレームが採用されています。バッテリーは事前情報通り2500mAhですが、サイズや重さなどについては明らかにされていません。

もはや中国製と侮ることが出来ない仕上がりとなっており、スペック、筐体の質感、デザイン共に、混迷を極めるAndroid市場で戦うに十分な要素を備えているようです。

搭載OS Android 4.1
CPU 1.5GHz クアッドコア
Snapdragon S4 Pro APQ8064
ディスプレイ 5インチ IPS液晶
解像度 1920×1080 441ppi
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB
背面カメラ 1300万画素
ソニー製裏面照射CMOS ExmorRS採用
HDR撮影対応
前面カメラ 190万画素
対応ネットワーク UMTS/HSDPA/HSUPA/HSPA+/HSPA+42
850, 1700, 1900, 2100MHz

GSM/EDGE
850, 900, 1800, 1900MHz
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Wi-Fi-Direct対応
ディスプレイ転送対応
Bluetooth 対応
NFC 対応
DLNA 対応
バッテリー容量 2500mAh

[Phone Anrena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます