パナソニック、プラズマテレビ開発から撤退

毎日新聞は17日、パナソニックが12年度末までにプラズマテレビの開発を打ち切る方針であると報じている。開発リソースを有機ELパネルなどに絞り込むことで分散する投資を集中させるみこみ。生産は当面続けるとのことであるが、新規開発が中止されることで将来的にプラズマテレビ事業の廃止も免れないものと思われる。

国内では唯一プラズマテレビを販売していたパナソニックが事業を収束させる方針にプラズマテレビファンは少なからず衝撃を受けることが予想される。

[毎日jp]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます