ソフトバンク、iPhone5でのテザリング機能を解禁

ソフトバンクモバイルは15日、同社が販売するiPhone 5において「テザリング」機能を解禁した。これにより、iPhone 5、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad miniの3機種でテザリングが利用できる。

テザリング機能は端末をWi-Fiルータのように使用することで、携帯ゲーム機やWi-Fi専用のタブレット端末などをインターネットに接続させる機能。通常のパケット定額料金プランの範囲内で利用することができるが、過度に使用すると通信速度に制限がかかるなどのペナルティが存在する。

ソフトバンクでテザリングを利用するには「テザリングオプション」への別途申し込みが必要。12月31日までに申しこめば2年間は無料で利用できるキャンペーンを実施中。

iPhone端末ではテザリングという名称ではなく「インターネット共有」という名称で設定項目が存在しており、それをオンにすることでテザリング機能を有効化することが可能だ。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます