中国のウェブサイトIT168に未発表のソニー製Androidスマートフォン「Xperia」シリーズ5機種のスペックがリークされました。ただし、情報の信憑性は不明です。

まず、ソニーはXperiaの命名規則を分かりやすいものに変更するようです。具体的には「Xperia 4」「Xperia 5R」「Xperia 6」といったもので、恐らく画面のサイズに由来しているものと思われます。

スペックについてですが、フラグシップ端末といわれるものは以下の通りです。

  • 5インチ 1920×1080ドット表示(フルHD)
  • Cortex-A15世代クアッドコアプロセッサ
  • 3GB RAM
  • 3000mAhバッテリー
  • 1600万画素カメラ

その他の機種については以下の通りです。

  • Xperia 4
    • 4インチ 1280×720ドット表示 360ppi
    • 1.7GHz デュアルコア MSM8960T
    • 1.5GB RAM
    • 16GBストレージ
    • 1200万画素カメラ
    • microSD対応
    • 1800mAhバッテリー
  • Xperia ??(名称不明)
    • 1920×1080ドット表示に対応したディスプレイ
    • 2400mAhバッテリー
  • Xperia 5R
    • 5インチ 1920×1080ドット表示 440ppi
    • APQ8064
    • 2GB RAM
    • 32GBストレージ
    • 1300万画素カメラ
    • microSD対応
    • LTE対応
    • 2800mAhバッテリー
    • 防水 IPX5/IPX7
  • Xperia 6
    • 6インチ 1920×1080ドット表示 370ppi
    • APQ8064
    • 3GB RAM
    • 32GBストレージ
    • 1300万画素カメラ
    • microSD対応
    • LTE対応
    • 3500mAhバッテリー

命名規則の変更やスペックでの勝負など、昨今のトレンドを抑えつつあるようにも思えるソニーですが、この情報が確かならばXperiaも面白い端末の1つになり得る可能性があります。

[Phone Arena]