東芝、撮影後にピント調整可能なスマホ向けカメラモジュールを開発

朝日新聞は26日、撮影した後から写真のピントを全体に合わせることや、好きな部分に合わせることが可能なカメラモジュールを東芝が開発したと伝えています。

Light Fieldと呼ばれる技術を採用しており、原理としては主レンズと画像センサーの間に複数のレンズ群を挟む事により、レンズに入ってくる全ての光線の方向や強弱まで記録することで、後からでも特定の場所や全体にフォーカスを合わせることが可能になっています。

このタイプの製品としては、米Lytroが単体のデジタルカメラとして既に発売済みですが、東芝のモジュールは1辺約1cmの正方形で、縦5mm/横7mmサイズの画像センサーを搭載し、内部には直径0.03mmのレンズをなんと約50万個ぎっしり並べた構造となっています。

同社では、スマートフォンやタブレットでの利用を想定しており、2013年の実用化を目指すとしています。

[朝日新聞(リンク先に実例画像あり)]
[Lytro公式サイト]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます