Twitterの公式クライアントに、Instagram風の写真フィルタ機能が今月中にも提供されると伝えています。

このニュースを伝えているAllThings Dによると、関係筋の話として、ホリデーシーズン(クリスマス~年末年始休暇)までの公開を目標に開発を行っているとのことです。

具体的な機能としては、Instagram風のフィルタ機能が搭載されているとのことで、セピア風やピュア白黒、周辺減光などのエフェクトが存在するものと思われます。なぜ具体的な機能が推測できるのかというと、その新機能を使ったと思われる写真をTwitter社の会長自らがアップロードしているからです。

上記がその写真ですが、ポラロイド風のレトロな撮れ味を実現しています。

Instagramとの不仲が伝えられる昨今ですが、Twitterが標準でこのような機能を提供することはInstagramにとっても脅威であるかもしれません。もちろんInstagramとTwitterはコミュニケーションの性質が違いますが、”それっぽい写真” を撮る為だけに利用しているユーザーにとっては、Twitterだけで満足してしまう可能性があります。

[WSJ via THE VERGE]