米アップル、ポリカーボネート製の廉価版iPhoneを計画中か

ウォール・ストリート・ジャーナル(以下、WSJ)は8日(現地時間)、信頼のできる情報筋の情報として、アップルが廉価版のiPhoneを計画中であると伝えました。

WSJによると、アップルは何年も廉価版のiPhoneを計画しており、廉価版のiPhoneは今年後半には発売されるだろうと情報筋は語ったとのことです。廉価版のiPhoneは形状が現行のiPhoneに似ているが、本体の素材が安価なものになるとしており、ポリカーボネート製のボディが採用される可能性もあると語ったとのことです。アップルはこの件に関して、コメントを差し控えています。

注:画像はiPhone 3GS

またDigi Timesも8日(現地時間)、サプライチェーンからの情報として、アップルが2013年後半に低価格のiPhoneを中国や新興国向けに出荷するだろうと伝えました。

さらに、複数の情報源による情報として、すでに廉価版のiPhoneのサンプルを見た人物がいるとのことです。廉価版のiPhoneは大きなディスプレイを搭載し、本体デザインは新しいものであったと伝えました。そして、QualcommのMSM8960とAPQ8064がアップルの廉価版のiPhoneに採用される可能性がある、とも語ったとしています。

画像はイメージ

カラーバリエーションがあると報じられたり、画面サイズが2モデル展開されると報じられるなど二転三転する次世代iPhoneの情報ですが、すべての情報に共通するのは「2モデルが展開される」ということです。今回のWSJの報道はその2モデル展開という情報の信頼性を高めた形です。

アップルはスマートフォンのシェアを少しづつ落としており、その原因は新興国で低価格なAndroid端末に対抗するモデルがないからだ、とも言われています。アップルが登場を否定していた低価格なiPad miniが市場に登場したように、iPhoneのモデル構成も常に1モデルを維持するとは限らないのかもしれません。

[ウォール・ストリート・ジャーナル / DigiTimes]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます