KDDIは28日、2013年3月期第3四半期(2012年4月~12月期)の連結業績を発表し、MNP純増数が前年同期と比べて9倍以上に増加したと発表しました。また同社の田中社長は「iPhoneの売れ行きが止まっている感覚はない」とも発言しました。

 iZXKFOa7ZbDU

同社の2013年3月期第3四半期(2012年4月~12月期)の売上は前年同期比2.5%増の2兆7105億7700万円、営業利益は3.0%増の3955億7300万円、経常利益は8.0%増の3939億5500万円、純利益は7.3%減の1802億4700万円で、第3四半期(10〜12月)のみの営業利益は40%増の1643億円と発表しました。

スマートフォンの付帯サービスについては「auスマートバリュー」の契約数は2012年12月末時点で285万契約を獲得し、スマートフォン新規契約のうち33%がauスマートバリューを契約しているとのこと。また「auスマートパス」の契約者数は1月初旬に400万件を突破し、スマートフォン購入者の83%が契約しているとのことです。

MNP純増数は前年同期に比べて9倍以上に増加し、2011年10月から15ヶ月連続でトップ。契約純増数も前年同期比の32%の増加となり、解約率も0.58%と業界最低水準だったとしています。

KDDIの田中社長は「来期以降は本格的な利益拡大フェーズに入る」と発言し、またiPhone 5についても「売上が止まっている感覚はない。発売当初はiPhoneが売上の5割以上を占め、それが通常に戻ったと見ている」と述べました。

 a02-001

注釈:infobar A02発表会にて

今回の発表を見る限り、ARPU(契約者あたりの平均月額収入)を上げるために導入された「auスマートパス」が着実な効果を上げている点が印象的です。日本の通信キャリアは各社とも通信サービスのみを提供する「土管化」を避ける方針を打ち出しており、今後、auスマートパスが「auビデオパス」や「うたパス」と共にどこまでユーザーを獲得し、ARPUを上げられるかが注目されます。

また、auは解約率の低下を最も重要な経営方針として打ち出しています。auはアンドロイド端末、iPhone、Windows Phone端末と3つのOSの端末を扱っており、そのラインナップの広さとスマートバリューによる家族まるごとを抱え込む割引の施策が顧客の流出を防いでいるのかもしれません。

[CNET]