UEI、手書き操作で使う新感覚タブレット「enchantMOON」を発表

ユビキタスエンターテインメント(UEI)はCES会場で、デジタイザーペンでのメモ機能に特化したAndroidベースのタブレット端末「enchantMOON」の開発中デモ機を公開しました。商品化については現在準備中で、春頃の発売を予定しているとのことですが価格は未定です。

enchantMOONは、付属のデジタイザーペンを利用した手書きでのメモ機能に特化したタブレット端末。本体のデザインには漫画家の安倍吉俊氏を起用し、従来のタブレット端末には見られない大型のハンドルを備えたスタイリッシュなデザインとなっています。

搭載OSはベースとしてAndroidを採用していますが、同社独自のカスタマイズがソースレベルで施されており、手書き入力に最適化した新しい操作体系を備えているとしています。

実機の動作映像を見ていると、普通にペンで書いたメモを保存できるほか、ペンを使って手書きした文字を丸く囲む操作をすることでサークルが現れ、その文字の情報や画像をインターネット上から検索したり、地図アプリを起動するなどの操作を行なっています。また、画像の切り取りなどもペンを使うなど、全ての操作がペン中心のインターフェイスのようです。筆圧にも対応しており、力を抜いて書かれた線が細くなめらかに表示されていました。

前述したようにソースレベルでカスタマイズされている特殊なOSとなっているため、Android向けアプリは利用できず、アプリについては独自マーケットのような場所を同社が用意するとのこと。通信機能については無線LANのみ対応しています。

em1

ディスプレイサイズは約8インチと大きめ。本体はマグネシウム合金製のがっちりした作りで、ネックストラップとハンドルを備えており、立ったままでも文字が書きやすいようになっているほか、ハンドル部が稼働することで、デスクに置いた時に角度がつくようになっており、机上でも書きやすくなる仕組みです。カメラは背面のほかに、ハンドルの側面にも備えており、ハンドル部のカメラを利用することで、書きながらでも撮影が行えるとのこと。

なお、同社ではenchantMOONのプロモーション映像を公開しており、製品の独自の世界観を映像で紹介するというユニークな試みも行なっています。ちなみに同PVの製作総指揮は樋口真嗣氏です。

[enchantMOON]
[UEI]
[shi3z memo](同社社長兼CEOの清水亮氏のtumblrページ)

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます