AnandTechは12日(現地時間)、サムスン電子が発売を予定しているスマートフォン「Galaxy S4」の発売時期は1月〜3月で、フルHD解像度の有機ELディスプレイを搭載しているのではないかと伝えています。 

AnandTechが伝えるところによると、CES 2013のサムスンブースに掲示されているパネルには、Galaxyシリーズに搭載されている有機ELディスプレイのサイズや解像度のロードマップが示されています。

上記がその画像で、2013年のQ1(1月〜3月)に4.99インチのフルHD(1920×1080ドット)表示に対応した440PPIの有機ELディスプレイが登場すると示されています。順当に行けば、これがGalaxy S4に搭載されるとみられており、それを根拠として「Galaxy S4は2013年Q1に登場するのではないか」と予測しているようです。

また、この有機ELディスプレイは「Galaxy Note 2」に搭載された5.55インチの後継バージョンと示されており、ザラザラ感があるペンタイル配列ではなく、RGBに近い配列ではないかとも予想しています。なお、消費電力は従来よりも25%減、ローパワーモードでは47%減になるとのことです。

CESの開催期間中には、サムスンがパートナー企業に対してGalaxy S4を披露したという噂もあります。Galaxy S4の発売はそう遠くはないのかもしれません。

[AnandTech]