次期iPadのデザインは軽く薄くベゼルの狭いものに?

KGI証券のアナリストを務めるMing-Chi Kuo氏が、次期iPadのデザインやリリース時期について報告書を出しました。それによると、新型iPadは現行機種よりも大幅に軽く・薄くなるとのことです。

iPadmini.110202.004  

加えて、Kuo氏は「iPad5(第5世代iPad)は、iPad miniに見られるような狭いふちのデザインが特徴となり、それに合わせて現在のiPad miniに採用されている『誤タッチを検知する機能』を搭載する」と語っています。

第4世代iPadの発売時期を見事に当てた実績のあるKuo氏ですが、新型iPadの発売時期は第3四半期になると予測しています。iPadが年2回のリリースサイクルになるという噂には否定的なようです。

また、2013年のアップルのラインナップには、Retinaディスプレイを搭載したiPad miniが含まれることをKuo氏は確信しているとのこと。長らく噂がされているアップル製テレビは、2014年の早期まで発表はないとのことです。

[Apple Insider via BGR/PhoneArena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます