米アップル、iPhone5Sを7月・次世代iPad&iPad miniを10月にリリースか

iLoungeは、信用できる情報筋からの報告の中で、コードネームと共に次世代iPhoneやiPadのリリース時期やスペックについて言及しています。iPhoneは7月、iPadやiPad miniは10月の発表を計画しているとのこと。

ipad-with-ipad-mini

iPhone5Sと呼ばれる新型iPhoneは、背面カメラがアップデートされるとしています。情報筋の予想ではソニーの13メガピクセルセンサーを採用するとしています。現在のプロトタイプのコードネームは二つあり、「N51」や「N53」と呼ばれているようです。

第5世代iPadについての詳細は言及されていませんが、コードネームは「J72」で10月のリリースであるようだとしています。

第2世代のiPad miniは特徴としてRetinaディスプレイを搭載するとしており、デザインなどの見た目は第1世代と変わらないとしています。また、ボディを変えずRetinaディスプレイを搭載するには薄く密度の高いIGZOのようなディスプレイが必要になるとしています。なお、こちらのコードネームは「J85」。

ソニー製13メガピクセルセンサーといえば、近日日本でも発売される「Xperia Z」に採用された積層型CMOSセンサーの「Exmor RS for mobile」が思い浮かびますが、iPhoneに搭載される可能性はあるのでしょうか。また、iPad miniにシャープのIGZOディスプレイが搭載されることになるのでしょうか。注目製品だけに今後の情報に期待が集まります。

[iLounge via 9to5mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます