米アップル、iPhone5Sよりハイエンドなモデルをリリースか

投資銀行「Canaccord Genuity」のアナリストを務めるT. Michael Walkley氏は、 投資家に向けたレポートの中で、9~10月にリリースされるとみられるiPhone5Sとは別に、次の四半期中に(4~6月)アップルが “よりハイエンドなiPhone” をリリースするだろうとの見解を述べています。

また、併せてローエンドモデルも開発中であるとみられており、「価格に敏感」で「端末を一括購入する文化がある」中国・南米・東欧諸国でヒットするだろうと予想しています。

 

先日Topeka Cyapitalのアナリストを務めるBrian White氏によって「iPhone 5Sは多色展開となり、同時にローエンドモデルをリリースするだろう」と述べたことが伝えられたばかりですが、情報は錯綜しているようです。

去年、新興国市場向けにiPhone 4の新モデルがリリースされたことを考えれば、ローエンドモデルはRetina非搭載でLTEは搭載しないといったことも考えられます。また、ハイエンドモデルについては画面がより大きなものになるとの噂が出ています。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます