ロジクール、単体でUstream配信できるWi-Fi Webカメラ

ロジクールは23日、無線LANやマイク、バッテリーを内蔵し、単体でUstream配信も行えるWebカメラ「ブロードキャスター」を2月1日に発売します。同社直販サイトの価格は1万9800円。

cwifi0

米ロジテックが2012年10月に発表した製品ですが、このたび国内でも販売を開始することになりました。特徴はWebカメラながら、映像配信に必要な無線LANやマイクを内蔵し、バッテリー駆動により自由に置き場を変えて(事前に設定しておくことで)単体でも映像配信が行えること。

無料の専用アプリ「Logicool Broadcaster」を介することで、Mac(Mac OS X以降)のほか、iPhoneやiPad(iOS 5以降)でも利用が可能です。ただし、WindowsやAndroidとの連携には対応してません。専用アプリでは、前述のUstream配信設定のほか、ブロードキャスター本体からの画像撮影、録画操作や動画のプレビューなどが行えます。Macと連携する場合には、Macの内蔵カメラとブロードキャスター本体カメラでの同時撮影や、ワンタッチでMac側のカメラと切り替えて、Webカメラとしても使えます。

本体の主な仕様は、重量96gのスティック形状で、USB給電に対応。カメラ部は210万画素センサを内蔵し、画角69度のガラスレンズを装備。フォーカスは固定でデジタルズームは3倍まで利用できます。H.264エンコーダを内蔵し、最大720pまでの動画キャプチャに対応します。

cwifi1

単体でUstream配信できる機能は、昨今の映像配信ブームを視野に入れた魅力的な機能ですが、Mac/iOSのみ対応なのが残念なところ。是非とも国内周辺機器メーカー各位に置かれましては、Windows/Android連携可能で、国内ならではの映像配信サービスでもあるニコニコ生放送対応のWebカメラを発売して頂きたいところです。

[ロジクール]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます