廉価版iPhoneはCPUにクアルコムのSnapdragonを搭載か

フォーブスは24日(現地時間)、調査会社Detwiler Fentonの複数のアナリストによる情報として、米アップルは廉価版iPhoneにクアルコム製SoC「Snapdragon」を搭載するのではないかと伝えています。

 qualcomm-lte_1

情報によると、アップルは廉価版iPhoneの利益率を確保するためにローエンドのSnapdragonを採用するだろうとみているようです。また、アップルは廉価版iPhoneに通常のiPhoneと同じ性能は求めていないとしています。

仮にBluetoothとWi-FiをサポートするSnapdragonを採用すれば、アップルは廉価版iPhoneからクアルコムのモデム・アプリケーションチップ、BroadcomのWi-Fi/Bluetoothチップの3つを削減できるのでコストの削減にもつながるとのことです。

アップルはiPhoneとiPadに独自設計のプロセッサ「Ax」シリーズを採用し、SnapdragonやNVIDIAの「Tegra」を採用するAndroid端末に引けをとらないパフォーマンスを保って来ました。しかしその高コストなチップは廉価版iPhoneには適さないのも確かです。はたして廉価版iPhoneにSnapdragonが搭載されるという読みは当たるのでしょうか。

[Forbes via BGR]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます