ノキア「Lumiaは予想以上の売れ行き」

ノキアは10日(現地時間)、2012年第4四半期における決算見通しの中で、同四半期(10~12月)に「Lumia」は440万台売れたと発表しました。スマートフォン全体では1590万台を販売したとのことです。

ノキアのLumiaシリーズは一時期売上を落としており、第2四半期には400万台、第3四半期には290万台と、先行きを危ぶむ声もささやかれていました。ところが、ホリデーシーズンを含む第4四半期には見事に盛り返し、440万台に達したとのことです。売上が伸びた理由として、11月に「Windows Phone 8」を搭載したフラッグシップ端末「Lumia 920」が発売されたことが影響しているものと思われます。

注釈:ノキアCEOスティーブン・エロップ・とマイクロソフトCEO・スティーブン・バルマー 

本社を売却するなど、経営的には苦境が伝えられるノキアですが、Lumiaシリーズは好調な売れ行きを見せているようです。今後、中国やインドでもLumia 920の販売が予定されており、売上がさらに伸びそうです。

[Nokia via The Next Web / ITmedia]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます