パナソニックは、現在米国で開催されているCES 2013での基調講演の中で、56インチ4K解像度(3840×2160)の有機ELテレビを発表しました。

昨日、ソニーが発表した有機ELテレビと同じく「プロトタイプ」という扱いで、発売日や価格は公表していませんが、確かな技術向上の表れであると言えそうです。

ディスプレイの厚みは0.5インチ(約1.27センチ)と薄く、3Dプリンタによって成形されたとしています。

液晶テレビでは苦しい戦いを強いられている日本メーカーですが、再びテレビ市場での存在感を示すことができるのでしょうか。今後の動向に期待です。

[THE VERGE]