Pebble Technologyは23日(現地時間)、iOSやAndroidのスマホから表示画面などをカスタマイズできる電子ペーパーのスマートウォッチ「Pebble」を出荷しました。

photo-watchfaces-3

Pebble Technologyは、スマートウォッチPebbleを作るために資本調達プラットフォームKickStarterで資本の出資を募り、話題となっていた少人数のチームです。

Pebble Kickstarter Video from Pebble Technology on Vimeo.

Pebbleは、画面表示に電子ペーパー技術を使用しているので直射日光下でも見やすくなっています。また、最大の特徴はスマホとの連携機能で、スマホを使って文字盤からデジタル方式に変更したりと、自分好みにカスタマイズすることができ、状況に適した表示にすることができます。

pebbleimages

その他には、メールや予定のアラーム、SNSの新着、天気予報などをバイブレーションで通知・表示してくれるだけでなく、音楽やランニングの距離なども画面上で確認・操作することができます。

photo-email-and-alerts 

photo-cycling

photo-music

また、Pebbleの機能はアップデートが可能で、「Pebble watchapp store」で配布されるアプリをダウンロードすることで機能を追加することもできます。 

販売価格は150ドルで、カスタマイズするためのアプリはiOSとAndroidの両OSに対応していますが、iOS版のアプリはアップルの承認プロセスの途中でまだ提供されておらず、リリースの日程については分からないということです。

なお、製造数は1日1000台で、現在はブラックモデルのみの出荷とのことですが、今後は製造数も増やしていくということです。

[Kickstarter via THE VERGE]
[Pebble]